アクアリウムグッズ

アクアリウム用ソイルの選び方!水草を上手に育てるならソイル選びが重要です

アクアリウムを行う上で水草の存在は非常に重要です。レイアウトはもちろん魚にとって住みやすい環境を整えてくれたり、水質の維持にも貢献してくれます。

三毛猫
三毛猫
水草がないと熱帯魚は落ち着かないよ!

その水草を上手に育てるために重要なのが底床材(底床にひく素材)の選び方です。底床材の一つに「ソイル」というものがあります。

ソイルは底床材として非常に優れていますが、水草を植える際にソイルの種類を間違えるとすぐに弱ってしまったり枯れてしまったします。

また、水草の種類や水槽の大きさなどで適切なソイルの種類や量が異なります。

とても便利なソイルですが各社からたくさんの種類も出ていて分かりづらいところもありますので、今回はソイルについて分かりやすく説明していきたいと思います。

是非適切なソイルをセットして水草や魚をイキイキと長生きさせましょう。

アクアリウムで使うソイルとは

ソイルとは水草を育てるうえで必要になる水槽の底に敷く素材の一つです。他には砂利やサンゴ砂などありますが、水草の栄養量という視点で言えばソイル一択になります。

ソイルとは直訳すれば「土」なので庭などにある土を想像すると思いますが形状が違います。

ソイルは粒になっているので水中を汚しづらく、水草の根っこが浮かないようにしっかりと支えてくれる役割があります。ソイルは粒になっているので水中を汚しづらく、水草の根っこが浮かないようにしっかりと支えてくれる役割があります。

写真を見てわかるように形状は丸くコロコロしています。

アクアリウムにおけるソイルとは石や砂、植物が混ざった土を焼いて加工して作られたもののことをいいます。

三毛猫
三毛猫
色は黒が多いけど茶色のものや、粒の大きさも種類によって変わるよ!

そしてこのソイルには様々なメリットがありますので、順番に詳しく解説していきましょう。

水草に必要な栄養成分が含まれている

一般的なソイルは土壌や岩、植物などを加工して作られているために非常にミネラルが豊富です。

そのため、水草の成長に必要な栄養素を補ってくれる特徴があります。

水質の浄化作用の向上が期待できる

水質を維持するには、生物にとって有害な物質(アンモニアや亜硝酸など)を分解する微生物やバクテリアが繁殖しやすい状況にする必要があります。

ソイルは通水性も良く、多孔質(凹凸がたくさんある)なので微生物やバクテリアが住みやすく水質の維持にも非常に有効です。

コケの発生も抑えることが可能

いくつかの製品は有害物質などを吸着する力を特化させているものがあります。それによりアンモニアや亜硝酸などの有害物質を吸着してくれるのです。

そしてアクアリウムを行う上で天敵のコケ。コケの発生原因の主な理由はリンですが、ソイルはこのリンなども吸着する力もあります。

水中のリンなどを吸着しそのまま水草の栄養素として利用することができるので、コケの発生を抑えると共に水草の成長を促すダブルの作用も期待できるのです。

三毛猫
三毛猫
あくまでソイルのコケ抑制効果はおまけみたいなものなので、あまり過信せずにきちんと手入れするのが一番!

PH(ペーハー)を弱酸性に維持する

ソイルの中には水質を弱酸性に維持する商品もあります。

水草や熱帯魚の中には水質の変化に非常に敏感な種類や個体がいるので、安定した水質を保つことは水槽の中の生き物を長生きさせるのには必要不可欠です。

嬉しいことにほとんどの水草が中性~弱酸性を好むので、その点ではソイルは非常に有効です。

水質を維持する種類のソイルを使うことで、水質をある程度一定に保つことができます。

ソイルを選ぶ際の注意点

底床として非常にメリットがあるソイルですが、選ぶ際にいくつかの注意点があります。

選び方を間違ってしまうと水草や魚にとってマイナスになってしまうこともあるので、ここからはソイルを選ぶ際の注意点をいくつか紹介したいと思います。

水草の種類によってソイルの大きさを変えよう

ソイルの粒には様々な大きさのものがあります。

大きなものはラージサイズ(約5mm)から、小さいものはスノーパウダーサイズ(約1mm)までと商品ごとに粒のサイズが異なります。

一般的にはノーマルサイズ(約3mm)が使い勝手がいいのですが、水草の種類によってソイルを変えるのがおすすめです。

例えば、ショートヘアーグラスやグロッソスティグマなどの小さくて水槽の前景草などに使う水草は粒が細かいソイルの方が、根も抜けづらく見栄えも良くなります。

一方でクリプトコリネやグリーンロタラなど比較的大きく育つものはノーマルサイズでも問題ないでしょう。

コケ対策でヤマトヌマエビやミナミヌマエビを飼っている場合には、細かい粒のソイルの方がエビがソイルを持ち上げてコケ掃除をしてくれるのでおすすめです。

水槽の大きさでソイルの量を変えよう

上記で述べたように、ソイルにはそれ自体に栄養が含まれています。

そのため、ソイルの量を過度に入れてしまうと通水性が落ちて水質が急に悪くなったり、逆に少なすぎても栄養価が足りずにあまり効果が出なかったりする場合があります。

水槽の状況に応じて必要なソイル量は変動しますが、一般的なソイルの量の目安は以下のようになっています。

水槽サイズごとのソイル量

小型の水槽=3L

45cm水槽(約35L)=3L~8L

60cm水槽(約60L)=8L~11L

90cm水槽(約150L)=24L~32L

この他に規格水槽以外のサイズ水槽もいくつかありますが、実際にソイルを敷いたときに厚みが3cm~5cmになれば問題ないと言えそうです。

レイアウト状況によって量を減らしたり増やしたりするといいでしょう。

ソイルには寿命がある

このように、ソイルを横からみたときに粒が砕けて泥のようになってきたら交換時期です。このように、ソイルを横からみたときに粒が砕けて泥のようになってきたら交換時期です。

一般的にソイルには寿命があります。

大体半年から一年で形が崩れてしまい、栄養がなくなったり吸着効果も弱くなってしまいます。

底床の交換は手間ではありますが、魚や水草の状態を見るいい機会でもあります。

水草も一年ほどで勢いがなくなってくるものがほとんどなので、ソイルのリセットと一緒に水槽全体のリセットも検討するといいでしょう。

ソイルの水洗いは厳禁

立ち上げ直後はこのように濁ることがありますが、数時間ほど時間が経過すれば次第に水の透明度は上がってきます。立ち上げ直後はこのように濁ることがありますが、数時間ほど時間が経過すれば次第に水の透明度は上がってきます。

水槽に入れる前に水槽の水が濁らないように水洗いをしたくなるのは分かりますが、一般的なソイルの場合は水洗いは厳禁です。

なぜならば、先ほどご説明したようにソイルにはたくさんの栄養が含まれていますがそれが水洗いによって逃げてしまうためです。また、砂利を洗うようにかき混ぜたりすると形がどんどん崩れていってしまいます。

ソイルはそのまま水槽に入れて問題ありません。水の濁りは時間が経てば治ってきます。

また日々の掃除の場合も同じで、餌などの食べ残しをソイルと一緒に乱暴に吸い込むのはやめましょう。同様に型崩れの原因になってしまいます。

なるべくスポイトで餌だけを吸い込むように掃除をすることが、ソイルを長持ちさせる秘訣です。

おすすめのアクアリウムソイル

ソイルの有効性や注意点などがわかったところでおすすめのソイルをいくつか紹介します。

水槽を立ち上げる際にはぜひ参考にしてみてください。

水草一番サンド



面白いネーミングのソイルですがコストパフォーマンスが良く、初心者には非常に扱いやすいソイルの1つです。

種類としては栄養型でヨウリン酸も含まれているので水草の成長には非常に有効ですが、若干アルカリ性なので硬い水に敏感な水草を利用する場合には少し注意が必要です。

ただそこまでアルカリ性ではないので、ほとんどの場合は気にしなくて問題ありません。

三毛猫
三毛猫
迷ったらまずは水草一番サンドがおすすめ!

プラチナソイル



栄養素などを吸着しやすい、いわゆる吸着系で人気の高いソイルです。

コストパフォーマンスが良く、コケの発生もだいぶ抑えられると報告もかなり上がっている初心者の方におすすめのソイルの1つです。

少しPHが下がりやすいという口コミがあるので、利用する際はPHチェックは必ず行うようにしましょう。

崩れない 焼成ソイル



商品名の通りソイルの欠点である粒の崩壊を極限まで失くしたソイルです。

形が崩れないようにカッチンカッチンに焼き固めることで、崩れにくさを実現しています。

底床をあまり交換したくないなあ・・・という人にはおすすめです。

ただし、ソイルのメリットである栄養や水質作用はほとんどないため、別に栄養剤などが必要になる可能性があります。

浄化能力はソイルと同じく高いので、ソイルというよりは「セラミック底床材」といったほうがいいかもしれませんね。

まとめ

底床材としてソイルを選ぶことで、様々なメリットがあることは分かっていただけたでしょうか。

アクアリウムの熟達者もよくソイルを使っています。

これからアクアリウムを始めたいという人は、底床材にソイルを使う事も是非検討していただければと思います。

日本最大級の熱帯魚専門ショップ「チャーム」

チャーム本店在庫商品は約5万6千点

「あす楽」で到着までが早い

安心の死着保証あり

お急ぎの方には当日到着にも対応

楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー10年連続受賞店

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です