アクアリウムグッズ

熱帯魚に合った餌の種類や選び方を解説!上手な餌やりにはコツがあります

熱帯魚を飼う時にどの餌を選んだらいいんだろう。

量は一度にたくさんあげるほうがいいのかな?

忙しい時や長旅で家を空けるときに餌やりを簡単にしたいなって思いませんか?

熱帯魚を長生きさせるのも美しいアクアリウム水槽を保つためにも餌やりは毎日欠かせないかつ大事な工程です。

今回は餌やりのコツについてご紹介します。

フクロウ
フクロウ
僕はたくさん餌食べたいぞー!
三毛猫
三毛猫
君は大食いだからね、、。バランスが大事!

熱帯魚の餌の種類

熱帯魚の餌にはいろいろあって、どれがいいのかわかりにくいですよね。

まずは餌の種類をご説明します。熱帯魚にそれぞれに合う餌の種類も合わせてご紹介します。

餌の種類

1.生餌

2.人工飼料

生餌

名前の通り、生きている餌です。栄養価が高く、多くの熱帯魚は好んで食べてくれる一方で餌の管理が手間が掛かることが多いのでメインの餌とするにはややハードルが高いものです。

生餌の種類

・金魚

・メダカ

・イトミミズ

・アカムシ

・コオロギ

・デュビア

・レッドローチ

・ミルワーム

・スジエビ

・ミジンコ

大型の肉食魚は生きている魚を食べているので生餌が必要になります。その場合は金魚(小赤)やメダカを与えます。

また、昆虫の生餌は中型から大型の肉食魚に与えることがあります。

小型の熱帯魚は、イトミミズやアカムシを利用します。

ちなみに、ミジンコなどのプランクトンは、小型の熱帯魚を稚魚から育てる時に与えます。

人工飼料

虫や魚の肉、野菜などを練り合わせて乾燥させて加工したものです。生餌と比べて保存しやすく餌やりは簡単なのでよく使われる餌になります。

人工飼料は、大きさや形がたくさんあるので熱帯魚に合わせて購入しましょう。

人工飼料のタイプ

1.フレーク

2.顆粒

3.タブレット

4.ペレットやスティック

フレーク

小さな魚から中型サイズの熱帯魚まで与えることができる餌です。

フレークタイプなのでちぎって食べたり、パクパクっと一口で食べることができるメリットがあります。

熱帯魚の口のサイズを選ぶことなく食べられるのが一番のポイントになります。

エンゼルフィッシュ・小さなネオンテトラなど一緒に飼っている場合はこのタイプの餌は適しています。

グッピーもフレークタイプで最初は浮いていてだんだん沈んでいくタイプがおすすめです。

顆粒

顆粒(かりゅう)とは粒タイプの餌のことです。

フレークタイプよりもさらに小さく一口で食べられるものがメインなので小型熱帯魚など飼育している熱帯魚の匹数が多い場合には顆粒タイプがおすすめです。

フレークタイプよりも浮いている時間が短く、すぐに下に向かって落ちていきます。そのため匹数が少なかったり食べるスピードが遅い熱帯魚の場合はフレークタイプの方が向いています。

タブレット

タブレットタイプは沈むように作られています。一口で食べるというよりは時間をかけてゆっくりと食べていく餌のタイプになります。

重みがありすぐに沈んでしまうので、水面辺りを泳ぐ熱帯魚には向いていません。

底にいることが多いコリドラス・シクリッド・エビなどは沈むタイプの餌が食べやすいので必須のタイプになります。

スティック

1つの粒が顆粒よりも大きいサイズがスティックタイプになります。主に中型や大型の熱帯魚などの口が大きく一度で食べ切れる生体におすすめの餌です。

逆に小型の熱帯魚はスティックタイプの餌をつつくことはできますが、食べきることが出来ずにほとんど下に沈んでしまうのでおすすめできません。

餌のメリットとデメリット

生餌や人工飼料のタイプは先程ご説明したように熱帯魚の種類によって分けたほうがいいですがそれぞれの餌を与えるメリット・デメリットについてもご紹介します。

生餌のメリット・デメリット

熱帯魚は普段は生きている餌を食べて生活しています。

そのため、生餌はどの熱帯魚も大好物で食いつきはNO.1です。

ただし生餌ばかりを与え過ぎると栄養バランスがくずれてしまい、元気に泳ぐことができなくなる可能性が高まります。

私達でもファーストフードばかりの生活だと高血圧や肥満の原因になったりしますよね。それと同じです。

フクロウ
フクロウ
お腹いっぱいで苦しい…

他には生餌のため日々の管理が面倒だったり、人工飼料よりもトータルで考えると高くなることもあります。また、見た目が苦手な人は避ける方がいいでしょう。

人工飼料のメリット・デメリット

生餌に比べて形やニオイがしないので手軽に与えることができます。

また、栄養バランスを考えて作られているため偏った餌にならない点もメリットと言えます。

デメリットとしては、形がさまざまなので熱帯魚を選ぶ点を考えなければなりません。

フレークタイプは浮きやすくゆっくりと沈むので、エンゼルフィッシュなどに向いています。ただし、フレークタイプは一度与えると途中で水に溶けて消えてしまうので底面にいる熱帯魚には不向きと言えます。タブレットタイプはその点、沈む作りになっているのでコリドラスやエビに向いているなど、飼育している熱帯魚に合う餌を選ぶようにしましょう。

三毛猫
三毛猫
見た目が…苦手だ..

結局、熱帯魚の餌はどちらを選んだらいいの?

基本的にはほとんどの熱帯魚が好んで食べてくれる顆粒状タイプのものをおすすめしますが、極稀に熱帯魚が食べない可能性もあるので与える時は注意深く観察するようにしてください。

現在ではアクアリウムショップでも顆粒タイプの餌がメインになっています。心配な人はショップの人にどのような餌を与えていたのか、購入前に確認すると安心でしょう。

三毛猫
三毛猫
もし餌選びで迷ったら大手のアクアリウムショップチャームさんが開発、使っているオリジナルフードの「FFシリーズ」がおすすめ!軽量スプーンも付いていて水も汚れないし、何より食いつきが凄い!


餌やりの注意点

熱帯魚を飼育する醍醐味とも言える餌やりは、どうしても元気に食べる姿が嬉しくて多くの人は与えすぎの傾向があります。

しかし一度にたくさんあげたらいいというのは間違いで、一回で大量に餌をあげてしまうと熱帯魚はどうしても食べ残しが起こります。

食べ残しが多くなると水が汚れてしまい、熱帯魚にとって衛生面でよくありません。最悪の場合、水質が急激に汚れて全滅も考えられます。

きれいな水をキープするには餌の量に気をつけないといけません。そのため、飼い始めた頃は少なめかな?と思うくらいの量から初めてそこから徐々に小分けで餌を与えながら食いつきを見て判断しましょう。

三毛猫
三毛猫
迷ったら少なめに!これ大事!

一日の餌やりの回数や量について

熱帯魚の餌やりは楽しさもありますが、長生きさせるために重要な世話であることも忘れてはなりません。熱帯魚の餌やりは楽しさもありますが、長生きさせるために重要な世話であることも忘れてはなりません。

基本的には一日一回以上の餌やりですが、熱帯魚が食べきれる量なのかを毎回チェックすることが重要になってきます。

もし食べきれずに残ってしまった場合は網ですくって取り除きましょう。そのままにしておくと水質悪化の原因になります。

熱帯魚を飼い始めた頃の私はいずれ掃除をするからこの量でいいや!と思っていて量について深く考えたことはありませんでした。ですが実はそれは間違っています。

熱帯魚は飼い主が健康管理、水質管理をしてこそ長生きできるのです。

餌を食べきれる量をきちんと毎日確認しましょう。痩せてきていないか、太ってきていないか、熱帯魚のお腹がツヤやハリがあるかなど見ることで餌の量を増減することができます。

私たち人間でも、食べなさすぎ、食べすぎはカラダに良くないですよね。熱帯魚も同じことが言えます。愛する熱帯魚、毎日観察して適切なバランスを調整してあげましょうね。

三毛猫
三毛猫
僕たちは喋ることができないからね!飼い主さんの判断が大事!

熱帯魚への餌やりが忙しいあなたには自動給餌器がおすすめ!

仕事で朝早く出勤や通学、夜遅くに帰宅したりすると熱帯魚はお腹ペコペコで飼い主を待っています。さらには毎日終電近くの帰りになってしまったり、旅行で数日間餌を与えられないとなると熱帯魚にも負担が掛かってしまいます。

できれば飼育している熱帯魚のためにも決まった時間に決まった量をあげられたらいいですよね。そんな毎日忙しいあなたには自動給餌器のエーハイムオートフィーダーが便利です。

エーハイムオートフィーダーの特徴

・時間設定が可能で1日4回の2回転まで自動給餌が可能

・餌を湿気から守りいつでも乾燥した餌を与えることができる

・乾電池式なのでコードの配線やコンセントを用意する必要はなく簡単に設置可能

・静音設計で気になる音もなく給餌できる

・ワンタッチキー搭載で、手軽に給餌できる

エーハイムオートフィーダーの口コミ

・数日間の旅なら気にしていませんでしたが、1週間以上の長旅をすることになり購入しました。帰宅後も熱帯魚は健康で水質もきれいな状態を保っていたので助かりました。

・他の自動給餌器は餌が湿ってしまうことがあり困っていました。この商品は、常に乾燥しているので安心して家を空けることができます。

会社勤めなど毎日同じ時間に餌やりが難しい人は、評判の良いエーハイムオートフィーダーを是非検討してみてくださいね。

熱帯魚に合った餌の種類や選び方のまとめ

熱帯魚の餌は熱帯魚に合わせて量や形を考えて与えてあげる必要があります。生餌や人工飼料はその魚によって変わるので合ったものを与えましょう。

水面に浮いている餌が食べやすかったり、沈んでくる餌が食べやすい熱帯魚がいるので飼う前に餌を調べてみましょうね。

餌の量は、これくらいでいいのかな?と最初はわかりにくいかと思いますが、少ない量から始めてみて熱帯魚の健康状態を観察して増減してみましょう。飼う前にお店の方に聞くとおすすめの餌の種類や量を教えてもらえるので聞いてみるのもいいですよ。

是非、参考にしてみてくださいね。

日本最大級の熱帯魚専門ショップ「チャーム」

チャーム本店在庫商品は約5万6千点

「あす楽」で到着までが早い

安心の死着保証あり

お急ぎの方には当日到着にも対応

楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー10年連続受賞店

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です